DTLA MEETS NOMAD

ここ10年の凄まじいダウンタウン・ロサンゼルス(DTLA)の都市開発
向こう10年もかなりの激動が容易に予想されます

なんといっても2028年はロサンゼルスオリンピックです
盛り上がらないわけがないというお話です

f:id:hynm_nao:20180427094509j:plain



リトル東京の東側、アートディスクリクトが新しい、
クリエイターやアーティストが集まる場所。。。
などの話はもう過去のような雰囲気さえあります

とにかく毎日変わるDTLAは、
日々に写真を撮って収めていても追いつきません
ジワジワではなく、目に見える速さで拡大するDTLA

建設ラッシュでコンクリートに使用する砂の高騰や人手不足
建物が出来たあとに発生する駐車場戦争
大都会には駐車場が少ないのがいつの時代もネックです

f:id:hynm_nao:20180427094527j:plain



志の高い人々が集まる場所には、
必然的にクリエイティブな化学反応が起きてきます
とても刺激的ですし、スマートフォンからは収集しきれない、
旬な情報を得られて人生が豊かになってゆきます

その反面、ちょっと息切れ気味になるのが私の性分のようで、
波乗りでポカーンと海をイルカと一緒に泳ぐ方が、
性分にあっていると思いながらDTLAを彷徨っています

f:id:hynm_nao:20180427094006j:plain


f:id:hynm_nao:20180427094555j:plain



DTLAにたくさんの新しいランドマークが出来ている中、
最新ホテル事情を知るべく、ノマドホテルをチェックしました

結論からお伝えしますと、
非常に素晴らしく、トータルで満足できるホテルでした
あくまでも私感ですが

1920年代に建てられたイタリア銀行をリノベーションしており、
あまり手を加えなくても重厚感がある趣を醸し出しています

ACEホテルとは違う客層で、
みんなで騒ぐのは疲れたので少しシックにいこう、
隠れた社交場、ソーシャルクラブハウス的なスタイル感

f:id:hynm_nao:20180427094708j:plain


f:id:hynm_nao:20180427094729j:plain


f:id:hynm_nao:20180427094810j:plain


f:id:hynm_nao:20180427100016j:plain



エントランスとチェックインは小さめ、
奥へ進むと高い天井と広い空間のラウンジ&バー
二階には料理の鉄人ダニエル氏、
イレブンマジソンパーク監修のレストランが鎮座

f:id:hynm_nao:20180427095542j:plain


f:id:hynm_nao:20180427095607j:plain


f:id:hynm_nao:20180427095621j:plain



ここで使用されている食器はJONO PANDOLFI
私はこのニュージャージの陶芸家を知りませんでしたが、
西海岸の匂いも感じるテイストに好感がもてました

そんなディナーはスタッフのマナーも喋りも最高でして、
食事は五感で楽しむのだと再確認しました

中でも大好物のフォアグラのペーストは絶品でした
予定通り食べ過ぎて胃がもたれました

f:id:hynm_nao:20180427095638j:plain



そしてデザートはシグニチャーのアラスカなんとか
氷河のような大きな物体にアルコールでファイヤーです
様々なものがミックスされたデザートのようです
評論家ではないので、うまく表現できずですみません

f:id:hynm_nao:20180427095907j:plain


f:id:hynm_nao:20180427095921j:plain

お腹がいっぱいになりましたので、
次にお部屋、ルーフトップ、
ご自慢の地下のトイレをチェックします
そのお話は次回で

では

youtu.be