ISHI GLINSKY FROM LOS ANGELES , CALIFORNIA

フリークスストア渋谷に併設するギャラリー、オープンステゥディオ
またまた面白い企画が始まりました
アメリカンインデイアン展が先週末から12月3日まで開催しています

f:id:hynm_nao:20171120174247j:plain

f:id:hynm_nao:20171120180021j:plain


f:id:hynm_nao:20171120180041j:plain

f:id:hynm_nao:20171120180208j:plain

各月に様々なポップアップ、
展示会を開催するギャラリースペース
フランスのコレット並みに?次々と顔を変えるギャラリーは、
毎回楽しいコンテンツで魅了します

今年最後の海外アーティストはロサンゼルスからやって来た、
アメリカ人とアメリカンインディアンの血を引くアーティスト、
イシ・グリンスキーです

日本初の個展に先立ち、
先週金曜日に本人が来日してのレセプションパーティーが開催されました

f:id:hynm_nao:20171120174213j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174313j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174337j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174356j:plain


数あるアメリカンインディアン部族の中で、
第一の規模を誇るナバホ族の次に迫る規模の、
トホノ・オオダムの血を引くイシ・グリンスキー

アメリカ・アリゾナ州ツーソン生まれの35歳
アートスクールを卒業後に2006年にロサンゼルスへ移住し、
RRL(ラルフローレンのスタッフ)として、
店頭に立ちながらもラルフローレン氏のオフィス、
本社などのデコレーションを担当しました

ロサンゼルスのRRLのメルローズ店では、
スタイルマスターとして人一倍目立つ存在でした

f:id:hynm_nao:20171120174432j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174449j:plain

数年前にRRLを去り、本格的にアーティストとの道を歩みだしたイシ
アトリエをイーストロサンゼルスに構え、
都会に住むシティーボーイとして、
インディアンアーティストとして活動しています

イシ、という名は日本人のような響きもありますが、
そうではなくて他の意味を持っています

1910年代にインディアン・ヤヒ族の最後のひとりとして発見された、
ラストインディアンからインスピレーションを受けた名前のようです
ちなみにイシとう意味は、ヤヒ語でヒトという意味らしいです

f:id:hynm_nao:20171120174702j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174727j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174746j:plain



今までも日本の雑誌、メディア、作品が日本で紹介されたことはありましたが、
日本でギャラリーとなる個展は初じめてになります
しかも初来日となりますから見逃がすことは出来ませんね

本人は今週いっぱい日本滞在予定
ヴィンテージクロージングのチャンピオンスエット、
リーのウェスターナにアートを描いた一点物

f:id:hynm_nao:20171120174835j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174925j:plain

f:id:hynm_nao:20171120180635j:plain



アート作品として、スケートボードのウィールで表現した巨大ビーズブレスレッド

f:id:hynm_nao:20171120180657j:plain


f:id:hynm_nao:20171120180715j:plain


f:id:hynm_nao:20171120180748j:plain


インディアンスタイルのグローブを現代風に装飾や、
彼の部族のシンボルアートのワイヤーバスケット
材料のワイヤーは白人たちが、
インディアン居住区に壁を作った廃材を利用して制作しています

f:id:hynm_nao:20171120180817j:plain


サント・ドミンゴの伝統ジュエリー、
バッテリーバードの巨大ネックレス

f:id:hynm_nao:20171120181527j:plain


f:id:hynm_nao:20171120181544j:plain

f:id:hynm_nao:20171120181638j:plain

 

f:id:hynm_nao:20171120181611j:plain


"立ち上がるインディアン"
インディアン固有の文化や価値の守る意味を込めた人形
ネックレスにはヒップホップ90年代を支えたウータンのネックレ

f:id:hynm_nao:20171120181713j:plain


人形が羽織るジャケットにはストリートの雄、スラッシャーのステンシル
シリアスな中にもユーモアさを交えた、
シティーボーイらしいイシの表現力が詰まっています

f:id:hynm_nao:20171120182138j:plain


日本初個展を記念して制作した、
日本伝統技術七宝焼きで表現したピン、
ピアス、ネックレス、ピンバッジ
バンダナやハットも可愛く仕上がっています

f:id:hynm_nao:20171120182047j:plain

 

f:id:hynm_nao:20171120182250j:plain

f:id:hynm_nao:20171120182319j:plain

f:id:hynm_nao:20171120182347j:plain

f:id:hynm_nao:20171120182544j:plain


日本初の個展のテーマは"NEW WARRIOR"
現代における"沈黙"や"無関心"さを危機的なことと感じ、
インディアンとして表現出来ることアート作品に込めました

とはいえまずは個展を訪れていただきたいです
ギャラリーで前衛的なイアンディアンアートを全身で感じて欲しいです

目を閉じれば確実に。。。
ニューメキシコサンタフェのギャラリーへタイムスリップです!

ではオープンギャラリーでお会いしましょう