PANDA LOVE

私とパンダさんとの出会いは、
90年代初頭のハワイ・オアフ島でした

モールのフードコートにて運命的な、
そして衝撃的センセーショナルな出会いをしました

f:id:hynm_nao:20160930102732j:plain

当時の私にとって中華料理とは、高級な食事に属していました
東京の老舗や高級デパートのレストラン街での中華料理は、
何かスペシャルな時にしか味わうことの出来ない食べ物でした

f:id:hynm_nao:20160930104149j:plain

しかし、その考えを一新してくれたのがパンダ・エクスプレスでした
たくさんの食材や種類を揃えた料理で、ボリュームも満点
ファーストフード・スタイルでコスト・パフォーマンスもグッド

今ではアジア人だけではなく、肌の色問わず万人に愛されいるパンダさん
以来、私も25年以上のパンダ・ファン、パンダ・ラブを続けています

f:id:hynm_nao:20160930103935j:plain

ロングセラーのオレンジチキン
奇跡の味としか言いようがありません

この味が日本で近々味わうことが出来ることになるとは、
夢にも思いませんでした
確実に日本の美食文化に変化、
何かしらのインパクトを与えることは間違いありません


見た目きつそう、コレステロール高い!?
味が濃そうなどと思うかもしれませんが、
食べたその後は永久ファンになっているはずです

f:id:hynm_nao:20160930104259j:plain

最近はフードコードを飛び出し、
路面店を増やしながら、商品の充実にも力を入れています
ドライブスルーもあるから便利な世の中になりました

一昔前のアメリカ国内の地方出張では、
マクドナルドが旅の友でした

マックがある街は、ある程度は治安も良く安心
安定したアメリカンフードでトイレも綺麗で重宝していました

しかし、最近はパンダさんにお世話になることが多くなりました
やはりパワー勝負にはコメなどの炭水化物は必須
大盛りオレンジチキンには勝手に笑顔がこぼれます

南カリフォルニアを代表する中華料理のファーストフード
日本に激震が走るのは間違いないです

これでIN-OUT-BURGERまで日本上陸してしまったら、
もう何もいらないくらいお腹も気持ちも一杯です

考えるだけでもワクワクしますし、是非みなさんに味わってほしいです
私はただのファンなのですが、ここまで押しちゃいます

オレンジチキン、万歳!


では

youtu.be