INSPIRATION 2018

今年もやってきましたヴィンテージファッションイベント、
インスピレーション
今週2月9日、10日の2日間の日程にて、
ロサンゼルスのダウンタウンにて開催されます

f:id:hynm_nao:20180205041641p:plain



なんだかんだで9年目、
2回のニューヨーク開催を挟んで、
様々なアメリカンカルチャーを紹介してきました

展示会、即売会、プレス、交流会など
どんな言い方、考え方にもマッチするインスピレーション
アメリカを軸に日本人の私たちで作り上げてきました

とにかく世界中にいる仲間が一堂に集まり、
古着、ファッション、アート、サーフ、スケート、
ホットロッド、バイク、ミュージック、タトゥー、
アンティーク、家具雑貨、コーヒー、ピンストライプ、
ジュエリー、クラフト、アクセサリー、インディアン、
オモチャなどなど

まだまだたくさんのアメリカが詰まっていますので、
ぜひぜひ遊びに来てくださいね

週末にはローズボウルフリーマーケットもあります
今週はロサンゼルスにて、
ヴィンテージ、アメリカンカルチャー三昧で!

インスピレーションに関連するパーティーも、
盛りだくさんですが、できれば全てに参加したいですね

キックオフパーティーはリーバイス・ヴィンテージ・クロージング
会場から徒歩2分ですので、十分遊びに行けますね
2月9日金曜日、午後8時からミッドナイトまで
リーバイスのニューコレクション、フリーフード&ドリンク

f:id:hynm_nao:20180205034202j:plain

アフターパティーには、いつもの友達といつもの場所で
ラルフローレンメルローズのRRLにて開催

f:id:hynm_nao:20180205034529j:plain

メンズファイルとクラッチマガジン
ルイスレザーなど様々なイベントが、
広いロサンゼルスの大地で開催されます

f:id:hynm_nao:20180205041548j:plain


f:id:hynm_nao:20180205041603j:plain


f:id:hynm_nao:20180205041613j:plain



そして今回も新しいブランドがたくさん参加します
その中でも無理やり紹介してしまうのは、
可愛い妹後輩でもある、オガこと小笠原さんが自身のブランドです

フリーダ”を引き下げてアメリカにて、
ニューコレクションをデビューさせます

f:id:hynm_nao:20180205042105p:plain


何がともあれ、楽しいイベントになるのは間違いない?、と思います
主催者側の私たちは、
みなさんがハッピーでありますように全力を尽くします

では笑顔で当日にお会いしましょう!

では

www.youtube.com












NEW DAY

西海岸的なノリの展示会アジェンダ
カリフォルニア州も2018年から、
大麻が合法的になったような雰囲気です?

新年早々に色々な角度、方向から匂いが、
ふわぁ〜と漂ってきます

f:id:hynm_nao:20180109032123j:plain


f:id:hynm_nao:20180109032150j:plain



所変われば。。。のような話にもありますが、
ファッションに関しては世界共通であり、
トレンドも一定方向へ向いてゆきます

ファッションとはなんですか
カルチャーってなんですか
はたまた生きるということはなんですか

モノ、コト、ヒトに、
もっともっと関心を持ちたい2018年したいです

f:id:hynm_nao:20180109032213j:plain


f:id:hynm_nao:20180109032225j:plain



イタリアでは今週からピッティが始まります
すでに日本からも多くのバイヤーが、
現地入りしているはずです

新しい年は新しい服を纏うこと
新しい自分に色を加えてみる良いチャンスかと思います
私も思い切って突拍子もない服にトライし、
チャレンジしてゆきます

f:id:hynm_nao:20180109032243j:plain


f:id:hynm_nao:20180109032256j:plain



あけましておめでとうございます
新年もよろしくおねがいいたします

では

youtu.be



SO LONG 2017

ありがたいことに、
なんとか無事に新年を迎えられそうです

2017年に感謝しつつ、
2018年へのワクワク感を上げてゆきます

アメリカも世界も日本も、
そして私にも様々な出来事がありましたが、
良いコト、悪いコト、
すべて飲みこんで前へ進みます

チャレンジを続けて、
新しい未来をつかんでゆきます!

今年もありがとうございました
みなさま、素晴らしい年末年始をお迎えください

また来年!

f:id:hynm_nao:20171231151721j:plain




ISHI GLINSKY FROM LOS ANGELES , CALIFORNIA

フリークスストア渋谷に併設するギャラリー、オープンステゥディオ
またまた面白い企画が始まりました
アメリカンインデイアン展が先週末から12月3日まで開催しています

f:id:hynm_nao:20171120174247j:plain

f:id:hynm_nao:20171120180021j:plain


f:id:hynm_nao:20171120180041j:plain

f:id:hynm_nao:20171120180208j:plain

各月に様々なポップアップ、
展示会を開催するギャラリースペース
フランスのコレット並みに?次々と顔を変えるギャラリーは、
毎回楽しいコンテンツで魅了します

今年最後の海外アーティストはロサンゼルスからやって来た、
アメリカ人とアメリカンインディアンの血を引くアーティスト、
イシ・グリンスキーです

日本初の個展に先立ち、
先週金曜日に本人が来日してのレセプションパーティーが開催されました

f:id:hynm_nao:20171120174213j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174313j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174337j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174356j:plain


数あるアメリカンインディアン部族の中で、
第一の規模を誇るナバホ族の次に迫る規模の、
トホノ・オオダムの血を引くイシ・グリンスキー

アメリカ・アリゾナ州ツーソン生まれの35歳
アートスクールを卒業後に2006年にロサンゼルスへ移住し、
RRL(ラルフローレンのスタッフ)として、
店頭に立ちながらもラルフローレン氏のオフィス、
本社などのデコレーションを担当しました

ロサンゼルスのRRLのメルローズ店では、
スタイルマスターとして人一倍目立つ存在でした

f:id:hynm_nao:20171120174432j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174449j:plain

数年前にRRLを去り、本格的にアーティストとの道を歩みだしたイシ
アトリエをイーストロサンゼルスに構え、
都会に住むシティーボーイとして、
インディアンアーティストとして活動しています

イシ、という名は日本人のような響きもありますが、
そうではなくて他の意味を持っています

1910年代にインディアン・ヤヒ族の最後のひとりとして発見された、
ラストインディアンからインスピレーションを受けた名前のようです
ちなみにイシとう意味は、ヤヒ語でヒトという意味らしいです

f:id:hynm_nao:20171120174702j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174727j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174746j:plain



今までも日本の雑誌、メディア、作品が日本で紹介されたことはありましたが、
日本でギャラリーとなる個展は初じめてになります
しかも初来日となりますから見逃がすことは出来ませんね

本人は今週いっぱい日本滞在予定
ヴィンテージクロージングのチャンピオンスエット、
リーのウェスターナにアートを描いた一点物

f:id:hynm_nao:20171120174835j:plain


f:id:hynm_nao:20171120174925j:plain

f:id:hynm_nao:20171120180635j:plain



アート作品として、スケートボードのウィールで表現した巨大ビーズブレスレッド

f:id:hynm_nao:20171120180657j:plain


f:id:hynm_nao:20171120180715j:plain


f:id:hynm_nao:20171120180748j:plain


インディアンスタイルのグローブを現代風に装飾や、
彼の部族のシンボルアートのワイヤーバスケット
材料のワイヤーは白人たちが、
インディアン居住区に壁を作った廃材を利用して制作しています

f:id:hynm_nao:20171120180817j:plain


サント・ドミンゴの伝統ジュエリー、
バッテリーバードの巨大ネックレス

f:id:hynm_nao:20171120181527j:plain


f:id:hynm_nao:20171120181544j:plain

f:id:hynm_nao:20171120181638j:plain

 

f:id:hynm_nao:20171120181611j:plain


"立ち上がるインディアン"
インディアン固有の文化や価値の守る意味を込めた人形
ネックレスにはヒップホップ90年代を支えたウータンのネックレ

f:id:hynm_nao:20171120181713j:plain


人形が羽織るジャケットにはストリートの雄、スラッシャーのステンシル
シリアスな中にもユーモアさを交えた、
シティーボーイらしいイシの表現力が詰まっています

f:id:hynm_nao:20171120182138j:plain


日本初個展を記念して制作した、
日本伝統技術七宝焼きで表現したピン、
ピアス、ネックレス、ピンバッジ
バンダナやハットも可愛く仕上がっています

f:id:hynm_nao:20171120182047j:plain

 

f:id:hynm_nao:20171120182250j:plain

f:id:hynm_nao:20171120182319j:plain

f:id:hynm_nao:20171120182347j:plain

f:id:hynm_nao:20171120182544j:plain


日本初の個展のテーマは"NEW WARRIOR"
現代における"沈黙"や"無関心"さを危機的なことと感じ、
インディアンとして表現出来ることアート作品に込めました

とはいえまずは個展を訪れていただきたいです
ギャラリーで前衛的なイアンディアンアートを全身で感じて欲しいです

目を閉じれば確実に。。。
ニューメキシコサンタフェのギャラリーへタイムスリップです!

ではオープンギャラリーでお会いしましょう

PATRIOT DAY

16年も経ってしまったようです
もしくは、まだ16年しかというのが正しいでしょうか

16年前の今日、
私はいつものようにマンハッタンビーチの自宅から、
海を眺めて異常なし、サイズなしと確認して、
出勤したことを覚えています

しかし出勤しているみると東海岸で大事件、
事態の深刻さ、重大さを知ることになりました

ニューメキシコ州はチマヨの名店、
オルテガウェービングショップ
店内に飾られているラグのメッセージは、
いつも心に響きます

f:id:hynm_nao:20170912085001j:plain



私たちが運営している、
ヴィンテージカルチャーイベント、インスピレーション

この会場でもたくさんのアメリカ国旗を見ることが出来ます
愛国心の表現であり、誇りをもった意思表示に感じます

f:id:hynm_nao:20170912085021j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085037j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085056j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085111j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085125j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085142j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085216j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085229j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085249j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085326j:plain

f:id:hynm_nao:20170912085410j:plain

節目とは何か

自分に出来ることを、しっかりとがんばろうと思います

では



DODGER BLUE

さすがにココは押さえないと。。。と思い、
ドジャースタジアムに行きました

問答無用、ダルビッシュ有選手の本拠地初登板だからです
電撃トレードからワールドシリーズを狙えるドジャース

ドジャースとしても80年代後半から、
ずっと遠ざかっているチャンピオンリングを獲るために、
必死の補強となりました

私がロサンゼルスに来たのは90年半ばでしたので、
私自身も一度も地元でワールドチャンピオンを、
経験したことがありません

前回のダルビッシュ有選手のピッチングを目にしたのは、
WBCで優勝をした韓国戦でした
この時もドジャースタジアムでした

その時と何が変わっているのか。。。
20代から30代への貫禄のピッチングにはなっていますが、
何よりもフィジカル面の飛躍がすごいです

とにかくデカイ!
他の一流メジャーリーガーが小柄に見えるくらいにデカイ!
恐ろしい肉体をもってロサンゼルスにやってきたようです

ドジャースのユニホームが似合ってるいるのかな?
中日ドラゴンズと間違えないかな?
全く心配ありませんでした
ニューエラのLAハットがめちゃくちゃ似合っていました

ベースボールファンとしては、
是が非でもワールドチャンピオンになってほしいので、
今年はもっと応援に行こうと思います
もちろん前田選手も応援しています!

では

f:id:hynm_nao:20170824073229j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073253j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073305j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073317j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073343j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073354j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073405j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073422j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073434j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073455j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073505j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073516j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073525j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073546j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073557j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073618j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073634j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073643j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073655j:plain

f:id:hynm_nao:20170824073706j:plain