CYCLE ZOMBIES IN JAPAN

年末に近づく恒例行事のひとつに、
サイクルゾンビの日本ツアーがあります

f:id:hynm_nao:20181203181556j:plain


f:id:hynm_nao:20181203181625j:plain


f:id:hynm_nao:20181203181650j:plain

かれこれ彼らとは長い付き合いになり、
日本総代理店として商品販売やキャンペーンなどを行なっています
そして年に一度、一緒に日本へやってきます
今年の反省、来季の展望など、
日本滞在中やるべきことは満載です

f:id:hynm_nao:20181203182204j:plain


f:id:hynm_nao:20181203182236j:plain


f:id:hynm_nao:20181203182259j:plain


イベントのメインはムーンアイズホッドロッドショー
横浜で開催されるアメリカンカルチャーを主とした、
アパレル、バイク、車の祭典への参加です

今年はお客様もたくさん来場し、
サイクルゾンビのブースも大盛り上がりでした
外人ってちょっと話にくい雰囲気ありますが、
サイクルゾンビのクルーは気さくなので、
みなさん楽しんでいってくれたはずです

f:id:hynm_nao:20181203183437j:plain


f:id:hynm_nao:20181203183559j:plain


f:id:hynm_nao:20181203184419j:plain


そして来日記念!?で開催される渋谷でのCZパーティー
スケートランプを設置したりと、
ゆる〜く皆でハングアウトする場所と空間を提案しました

f:id:hynm_nao:20181203183941j:plain


f:id:hynm_nao:20181203184016j:plain

f:id:hynm_nao:20181203184122j:plain

そして今回は雑誌ホットバイク
鎌倉のヴィンテージバイク屋さん、ブルーグルーブと組み、
サイクルゾンビの日常を日本で表現してゆきました

f:id:hynm_nao:20181203184715j:plain


f:id:hynm_nao:20181203184757j:plain


f:id:hynm_nao:20181203184818j:plain


それぞれのシーンで様々な人々と出会い、
希少なバイクや車と出会いなど盛りだくさん
純粋にバイクは良いね、と感じたツアーでした

これでブランドもしっかり売れれば言うことなしですね

では

youtu.be



WEEKEND LIFE

日本もそうだと思いますが、
アメリカでも週末には、
各地でたくさんフリーマーケットが開催されます

f:id:hynm_nao:20180526015928j:plain

f:id:hynm_nao:20180526020303j:plain


f:id:hynm_nao:20180526020804j:plain


規模の大小関係なく、
出品アイテム関係なく、

どこでもなんでも楽しく開催します

リサイクル精神が強いのか、
大量生産の代償なのか、
カルチャー好きなのか、
ヒト、モノ、コトが好きなのか

f:id:hynm_nao:20180526020213j:plain

f:id:hynm_nao:20180526020240j:plain


f:id:hynm_nao:20180526020729j:plain


私もテクテク通い続けます
生活の一部のフリーマーケット。。。わるくないです

雨が降っても基本は開催ですので、
南カリフォルニアにトリップの際は、ぜひ

やはり王道はパサディナ、ローズボウル
ロングビーチアンティークフリーマーケット、

メローにいくのであれば、サンタモニカエアポートでしょうか

f:id:hynm_nao:20180526020359j:plain

f:id:hynm_nao:20180526020407j:plain

f:id:hynm_nao:20180526020653j:plain

フリーマーケットではかなり歩きますし、
朝早くから行動しますので、
健康にも良いのかと勝手に解釈しています
何よりも楽しい、感性が磨かれることに惹かれます

f:id:hynm_nao:20180526020923j:plain

f:id:hynm_nao:20180526020951j:plain

f:id:hynm_nao:20180526021001j:plain

素晴らしい週末を!

では













INSIDE NOMAD

宿泊しないと、デートしないと、
ライトライフを楽しまないと、ダンスしないと

f:id:hynm_nao:20180510032828j:plain


様々な考え方、接し方、感じ方ありますが、

とにかくトイレへの入り口、金庫の蓋はデカイ、です

こんな金庫をこじ開けるルパン三世はすごい

ノマドホテルの地下一階
ぜひ、用事なくても一度トイレを利用してみてください

f:id:hynm_nao:20180510032735j:plain


廊下はこの手のホテルにあるように薄暗く、
もしくは暗すぎて見えません的な感じです

ですが、ところどころに貼ってあるオールドポスター
その時代の映画や小説の一節にはセンスが伺えます

f:id:hynm_nao:20180510034221j:plain

f:id:hynm_nao:20180510034228j:plain


部屋の内装はミニマムリストに近いかもです
配色も真鍮、ブラスで統一されており、
淡い雰囲気の中に冷たさが感じるイメージでしょうか

私はトイレ、バスルームが気に入りました
スペース広めでありながらシンプル、好きです

f:id:hynm_nao:20180510033201j:plain

f:id:hynm_nao:20180510033210j:plain

f:id:hynm_nao:20180510033258j:plain

旬なアルガンを取り入れているところも、
センスの良さを感じますし、ひとつひとつが主張しています

ベッド周りのランプも良し
集中コンセントのスイッチもグッドでした

f:id:hynm_nao:20180510034458j:plain

f:id:hynm_nao:20180510034505j:plain

f:id:hynm_nao:20180510034511j:plain


ともあれ、百聞は一見に如かず
ゴールデンウィークは終わりましたが、
シーズンオフな時期にゆっくり宿泊してはいかがでしょうか

では

youtu.be







 

 

DTLA MEETS NOMAD

ここ10年の凄まじいダウンタウン・ロサンゼルス(DTLA)の都市開発
向こう10年もかなりの激動が容易に予想されます

なんといっても2028年はロサンゼルスオリンピックです
盛り上がらないわけがないというお話です

f:id:hynm_nao:20180427094509j:plain



リトル東京の東側、アートディスクリクトが新しい、
クリエイターやアーティストが集まる場所。。。
などの話はもう過去のような雰囲気さえあります

とにかく毎日変わるDTLAは、
日々に写真を撮って収めていても追いつきません
ジワジワではなく、目に見える速さで拡大するDTLA

建設ラッシュでコンクリートに使用する砂の高騰や人手不足
建物が出来たあとに発生する駐車場戦争
大都会には駐車場が少ないのがいつの時代もネックです

f:id:hynm_nao:20180427094527j:plain



志の高い人々が集まる場所には、
必然的にクリエイティブな化学反応が起きてきます
とても刺激的ですし、スマートフォンからは収集しきれない、
旬な情報を得られて人生が豊かになってゆきます

その反面、ちょっと息切れ気味になるのが私の性分のようで、
波乗りでポカーンと海をイルカと一緒に泳ぐ方が、
性分にあっていると思いながらDTLAを彷徨っています

f:id:hynm_nao:20180427094006j:plain


f:id:hynm_nao:20180427094555j:plain



DTLAにたくさんの新しいランドマークが出来ている中、
最新ホテル事情を知るべく、ノマドホテルをチェックしました

結論からお伝えしますと、
非常に素晴らしく、トータルで満足できるホテルでした
あくまでも私感ですが

1920年代に建てられたイタリア銀行をリノベーションしており、
あまり手を加えなくても重厚感がある趣を醸し出しています

ACEホテルとは違う客層で、
みんなで騒ぐのは疲れたので少しシックにいこう、
隠れた社交場、ソーシャルクラブハウス的なスタイル感

f:id:hynm_nao:20180427094708j:plain


f:id:hynm_nao:20180427094729j:plain


f:id:hynm_nao:20180427094810j:plain


f:id:hynm_nao:20180427100016j:plain



エントランスとチェックインは小さめ、
奥へ進むと高い天井と広い空間のラウンジ&バー
二階には料理の鉄人ダニエル氏、
イレブンマジソンパーク監修のレストランが鎮座

f:id:hynm_nao:20180427095542j:plain


f:id:hynm_nao:20180427095607j:plain


f:id:hynm_nao:20180427095621j:plain



ここで使用されている食器はJONO PANDOLFI
私はこのニュージャージの陶芸家を知りませんでしたが、
西海岸の匂いも感じるテイストに好感がもてました

そんなディナーはスタッフのマナーも喋りも最高でして、
食事は五感で楽しむのだと再確認しました

中でも大好物のフォアグラのペーストは絶品でした
予定通り食べ過ぎて胃がもたれました

f:id:hynm_nao:20180427095638j:plain



そしてデザートはシグニチャーのアラスカなんとか
氷河のような大きな物体にアルコールでファイヤーです
様々なものがミックスされたデザートのようです
評論家ではないので、うまく表現できずですみません

f:id:hynm_nao:20180427095907j:plain


f:id:hynm_nao:20180427095921j:plain

お腹がいっぱいになりましたので、
次にお部屋、ルーフトップ、
ご自慢の地下のトイレをチェックします
そのお話は次回で

では

youtu.be





















I'M BRIAN BENT

公私とも仲の良い友人のひとりに、
ブライアン・ベントというアメリカ人がいます

私たちのイベント、インスピレーションにも常連で、
とにかく素敵な人格をもっている人物です

日本でもコアなサーファー、ホッドロッダーには、
名前が通っているかと思います

こんな人が世の中にはいるんだな。。。
と、長く付き合っていても今だにそう感じさせれくれる、
奇才の持ち主です

セレクトショップ、フリークスストアでは、
以前に彼とのコラボレーションアイテムの販売、
カリフォルニアツアーと称して、
サーフィン、ホッドロッド、バイク、
ミュージック、スケートボードなど、
アメリカンカルチャーを体現する旅なども行いました

youtu.be



youtu.be



マルチな活動をするブライアンですが、
私が最も彼の才能に惹かれているのは、
”絵描き”、アート力の才能です

一目でわかるサーフィンスタイルと同様に、
アートにも彼のキャラクターが存分に発揮されています

最近は古いサーフマガジンの表紙を、
ブライアンの色に染めてアートとして表現しています

これが本当に素晴らしい色彩と表現力で、
ため息しか出てきません

描く現場に出くわすこともありますが、
シンプルにささっと筆を動かしてゆき、
あっと言う間の大きなキャンバスに息を吹き込みます

才能ではなく天性
うまく表現できませんが最高なアーティストです

プライスはアートの大きさ、難易度によって違いますが、
$100ー$2000くらほどで取引されているようです

もちろん私もブライアンの絵は数枚所有しています
値段ではなく、心打たれるアートを自分で手に入れる
素敵なコトかと思います

ブラアインはほぼ毎日、南カリフォルニアのサーフビーチ、
サンオノフレでハングアウトしていますので、
ブラアインとライフスタイル談義してみてはどうでしょうか

多分、社会復帰が難しくなる、かな!?

では

f:id:hynm_nao:20180324055446j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055502j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055517j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055529j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055544j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055616j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055655j:plain




f:id:hynm_nao:20180324055641j:plain


f:id:hynm_nao:20180324055731j:plain

 

f:id:hynm_nao:20180324055744j:plain





f:id:hynm_nao:20180324055853j:plain





& GO

インスピレーションの準備も各自整って来ました
バイヤーさんもアーリーバードで入場し、
早速仕入れに動いています

一般の来場者、ゲストの方々は午後4時からの会場入り、
もう少し時間があります

準備と仕入れが徐々に混ざり始めた会場は、
熱気も帯びて来ました

無事に開催し、無事に終わるのか。。。
主催者側はここだけを目標に動きます

f:id:hynm_nao:20180306074339j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074343j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074347j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074351j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074358j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074402j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074406j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074409j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074435j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074438j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074442j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074446j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074451j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074455j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074459j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074511j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074515j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074523j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074527j:plain

f:id:hynm_nao:20180306074531j:plain


最後には、お客様も売り手も買い手もみなさんハッピー
裏方さんも本領発揮してゆきます
もう少しで本番!

では

INSPIRATION 2018

今年もやってきましたヴィンテージファッションイベント、
インスピレーション
今週2月9日、10日の2日間の日程にて、
ロサンゼルスのダウンタウンにて開催されます

f:id:hynm_nao:20180205041641p:plain



なんだかんだで9年目、
2回のニューヨーク開催を挟んで、
様々なアメリカンカルチャーを紹介してきました

展示会、即売会、プレス、交流会など
どんな言い方、考え方にもマッチするインスピレーション
アメリカを軸に日本人の私たちで作り上げてきました

とにかく世界中にいる仲間が一堂に集まり、
古着、ファッション、アート、サーフ、スケート、
ホットロッド、バイク、ミュージック、タトゥー、
アンティーク、家具雑貨、コーヒー、ピンストライプ、
ジュエリー、クラフト、アクセサリー、インディアン、
オモチャなどなど

まだまだたくさんのアメリカが詰まっていますので、
ぜひぜひ遊びに来てくださいね

週末にはローズボウルフリーマーケットもあります
今週はロサンゼルスにて、
ヴィンテージ、アメリカンカルチャー三昧で!

インスピレーションに関連するパーティーも、
盛りだくさんですが、できれば全てに参加したいですね

キックオフパーティーはリーバイス・ヴィンテージ・クロージング
会場から徒歩2分ですので、十分遊びに行けますね
2月9日金曜日、午後8時からミッドナイトまで
リーバイスのニューコレクション、フリーフード&ドリンク

f:id:hynm_nao:20180205034202j:plain

アフターパティーには、いつもの友達といつもの場所で
ラルフローレンメルローズのRRLにて開催

f:id:hynm_nao:20180205034529j:plain

メンズファイルとクラッチマガジン
ルイスレザーなど様々なイベントが、
広いロサンゼルスの大地で開催されます

f:id:hynm_nao:20180205041548j:plain


f:id:hynm_nao:20180205041603j:plain


f:id:hynm_nao:20180205041613j:plain



そして今回も新しいブランドがたくさん参加します
その中でも無理やり紹介してしまうのは、
可愛い妹後輩でもある、オガこと小笠原さんが自身のブランドです

フリーダ”を引き下げてアメリカにて、
ニューコレクションをデビューさせます

f:id:hynm_nao:20180205042105p:plain


何がともあれ、楽しいイベントになるのは間違いない?、と思います
主催者側の私たちは、
みなさんがハッピーでありますように全力を尽くします

では笑顔で当日にお会いしましょう!

では

www.youtube.com